青春歌年鑑(戦後編)2 昭和24年~25年(1949年~1950年)

最近のものから、ちょっと懐かしいものまで 出演作品・商品を集めました。高峰秀子さんの活躍を再確認★
青春歌年鑑(戦後編)2 昭和24年~25年(1949年~1950年)
高峰秀子 青春歌年鑑(戦後編)2 昭和24年~25年(1949年~1950年)
2008-02-27
コロムビアミュージックエンタテインメント

前のページへ
次のページへ

青春歌年鑑(戦後編)2 昭和24年~25年(1949年~1950年)レビュー

高峰秀子 わたしの渡世日記
個人的には映画「放浪記」の高峰秀子が好きです。彼女のメイクも映画によって変わってますが、この映画のメイクはさえない女を表現してます。俳優宝田明と夫婦げんかするシーンは圧巻です。この前レンタルで『名もなく貧しく美しく』を借りまし ...貴田庄高峰秀子 人として女優として
また、『娘・妻・母』(成瀬巳喜男1960)について、当時の週刊誌は、出演した俳優のギャラについて、「高峰秀子と原節子が最高の300万、最近人気をめきめき上げている仲代達矢が120万、宝田明、加東大介、淡路恵子が100万、三益愛子と ...

高峰秀子 > 高峰秀子出演作品 > 青春歌年鑑(戦後編)2 昭和24年~25年(1949年~1950年)




カテゴリから「エンタま」で紹介する人物をカンタンに検索できます。
タレント | 俳優
グラドル | セクシー女優
お笑い | 漫画・アニメ
ミュージシャン

[0]トップへ
(c)entama.info